So-net無料ブログ作成
検索選択

偽装献金で鳩山首相「不起訴は相当」…検察審(読売新聞)

 鳩山首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」(東京)の偽装献金事件で、東京第4検察審査会は、政治資金規正法違反容疑で刑事告発された鳩山首相について東京地検特捜部が不起訴(嫌疑不十分)としたことについて、「不起訴は相当」とする議決を出した。

 議決は21日付。鳩山首相を告発した団体が今年1月、処分を不服として同審査会に審査を申し立てていた。

 議決は、鳩山首相が虚偽記入の事実を知らないとしていることについて、「素朴な国民感情としてこのようなことは考えがたい」とし、鳩山首相への事情聴取が行われなかったこともあり、「鳩山(首相)の一方的な言い分に過ぎない上申書の内容にも疑問を投げかける声が少なからずあった」と付言した。

 この事件で、特捜部は、同会の事務担当者だった勝場啓二・元公設第1秘書(59)を同法違反(虚偽記入など)で在宅起訴。東京地裁は22日、勝場被告に禁固2年、執行猶予3年の有罪判決を言い渡した。また、会計責任者だった元政策秘書(55)も同法違反(重過失による虚偽記入)で略式起訴。元政策秘書は罰金30万円の略式命令を受けた。

 一方、鳩山首相について特捜部は、虚偽記入容疑に関して勝場被告と共謀が認められないとし、会計責任者の選任・監督義務違反についても事実が認められないとして、不起訴としていた。特捜部は首相本人から事情聴取を行わず、上申書を提出させるにとどめていた。

「宇宙の話聞きたい」=無事帰還に安堵−山崎さん家族(時事通信)
高速「原則無料に」 政権公約で民主研究会 消費税引き上げ示唆も(産経新聞)
<プロミネンス>米国の新太陽観測衛星が高解像度撮影(毎日新聞)
3地震同時発生、想定死者・静岡で8100人(読売新聞)
首相動静(4月19日)(時事通信)

幻の軍師は実在した…有形文化財の信玄書状に「山本管助」、浮かび上がる人物像とは(産経新聞)

 山梨県教育委員会は、鎌倉時代から明治時代の約700年間に書き残された「市河家文書」91点(県所有)を県有形文化財に指定した。市河家文書には武田信玄直筆の「武田晴信書状」が含まれていて、これが架空の人物とされてきた「山本勘助」の実在を証明する貴重な史料となっている。

 市河家は信濃国志久見(しくみ)郷(現在の長野県栄村)を拠点に、鎌倉時代から江戸時代まで続いた氏族の家系。信濃は鎌倉時代初期の甲斐源氏の時代から甲斐(山梨)との関係が深く、市河家も甲斐国出自の可能性が色濃い。

 戦国時代に武田氏が信濃を領国とすると、市河家は支配下に入り、活躍した家と伝えられる。

 注目は県文化財指定91点の中の「武田晴信書状」。

 県教委によると、書状は弘治3(1557)年の3回目の川中島合戦の最中に発給されたものと推定され、架空の人物とみられることが多かった「山本管助」の名が登場する。

 「管助」と一般的にいわれている「勘助」を同一人物と解釈している。

 県教委によると「書状は川中島合戦の作戦を先陣に伝えるためで、『詳しい作戦はこの書状を届けた山本管助に聞け』と記されている」と説明する。書状の写真をよくみると、後部2行目下に「山本管助」の文字が読み取れる。

 信玄が管助に作戦を授けて、これを前戦基地の家来に直接伝えるという手法は機密漏れを防ぐ信玄らしい戦術。奇襲をかけるうえで管助の信頼は厚かったことを証明するが、勘助実在をも証明し、450年前の書状の現存が史実をあぶりだしている。

 市河家に伝わる古文書は重要文化財指定の山形県酒田市の本間美術館所蔵文書が有名だが、古文書の内容や経緯から本「武田晴信書状」が同じ家系に伝えられたものであることは間違いないとして、有形文化財指定となった。

 山梨県立博物館(笛吹市)では「実在した山本管助」展を6月5日から7月5日まで開催予定。管助に宛てた信玄の書状もあり、管助の実像を明らかにするとしている。

原中新体制「混合診療」「医療ツーリズム」などに懸念―日医会見(医療介護CBニュース)
「早慶レガッタ」でボート転覆 けが人なし (産経新聞)
「時効廃止法案」が参院法務委で可決(産経新聞)
新築の住宅やビル、省エネ基準適合義務化へ(読売新聞)
検察官役弁護士「有罪を確信」 明石歩道橋事故で元副署長強制起訴(産経新聞)

民主の渡部氏が「政局を迎えた」 と、鳩山政権の先行きに強い危惧(産経新聞)

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は14日の講演で、鳩山政権について「誕生から7カ月。大したもんだと思い出すことより、しなければよかったと思うことばかりで、今、政局を迎えている。これからほめてもらっても命が続くかどうか」と、強い懸念を示した。小沢一郎幹事長については「何かというと選挙、選挙。選挙で損するか得するかを判断基準に政策を作ってはいけない」と批判した。

【関連記事】
菅氏「鳩山首相は4年続けるべき」
政権崩壊まっしぐら?「次は菅総理」黄門様の発言が波紋
民主の渡部氏、首相に「4年間頑張って」
日米首脳会談を「拒否」 対日不信に危機感薄く
渡部恒三氏、自民党は「家出老人の続出だ」
外国人地方参政権問題に一石

生活センター理事長、結局政務三役が選ぶ(読売新聞)
<訃報>見掛道夫さん88歳=元阪神タイガース社長(毎日新聞)
<亀井郵政担当相>「郵政改革法」の閣議決定、4月末以降に(毎日新聞)
普天間移設 政局流動化の発火点に 社民反発、連立離脱も(産経新聞)
ライター事故、5年で130件=火遊び以外にも被害多発−NITE(時事通信)

<社民党>北マリアナ下院議長、テニアン移設歓迎 照屋氏(毎日新聞)

 社民党の照屋寛徳国対委員長は12日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先として同党が提案している米自治領北マリアナ連邦を11日に訪れた際、同連邦議会のテノリオ下院議長から「米国海兵隊がテニアンに来ることは、疑いなく歓迎される」と伝えられたことを明らかにした。

 照屋氏は9〜11日、党視察団として同連邦のサイパン、テニアン両島を訪問。照屋氏によると、テノリオ氏は同議会で、海兵隊移転・駐留を支持する決議の採択を目指す考えを表明。デラクルス・テニアン市長も「海兵隊の恒久的な基地建設を強く希望する」と述べたという。

 照屋氏は平野博文官房長官に国外移設の再検討を迫る意向だが、平野氏は12日の記者会見で、テニアンへの移設について「現時点では難しい」と述べ、政府案から除外していることを明らかにした。【西田進一郎、横田愛】

【関連ニュース
普天間移設:県外移設の検討 平野長官も明言
鳩山首相:核サミットに出発 普天間、非公式協議へ
岡田外相:米大使との会談 首相に普天間問題で内容を報告
鳩山首相:居眠り?休日返上でフル回転影響か 衆院本会議
社民党:サイパン、テニアンに視察団派遣へ 普天間移設で

「勝手に俺の写真撮った」女子高生を連れ去ろうとした男を逮捕 警視庁(産経新聞)
<地域主権改革>権限委譲、各省が抵抗…3法案審議入り(毎日新聞)
女優の三原じゅん子さん擁立へ=自民、参院比例で(時事通信)
子供が死亡した家に「子ども手当」の申請書を誤送 港区(産経新聞)
首相動静(4月6日)(時事通信)

山中に犬100匹の死骸遺棄 服着たまま、大半ペットか 埼玉(産経新聞)

 埼玉県飯能市の正丸峠の山中に、犬約100匹の死骸(しがい)が遺棄されていたことが5日、ペット業界関係者への取材で分かった。遺棄されていた犬は子犬から成犬まであり、多くは犬用の服を着ていたり毛並みが整っていたりするため、飼い犬だった可能性が高いという。県警でもこうした事実を把握、廃棄物処理法違反などの疑いで調べている。

 犬の死骸が遺棄されているのを確認したのは、東京都内のペットサロンの関係者。2月上旬、知人から「正丸峠に5〜6年前から犬の死骸が捨てられている」との話を聞き、2月14日と25日に同店の店員らが現場を訪れると、辺り一面に黒いポリ袋などに入った犬の死骸が散乱していたという。

 死骸は半分以上がマルチーズやシベリアンハスキーなどの純血種。道路わきのがけ下に5〜6キロにわたって捨てられていた。同店では2月25日に飯能署に相談、3月4日には市にも相談。県警と市によって同月26日に犬約80匹分計約510キロの死骸を回収したが、同31日には再び新たな15匹の死骸が捨てられているのが見つかった。

【関連記事】
虐待目的で猫引き取る? 元の飼い主には「転落死」
スルメ何人分? 全長3・4メートルの巨大イカ、新潟に漂着
異変?九十九里浜に大量のカタクチイワシ 海岸に打ち上げられる
ハトやスズメ85羽死ぬ、毒物か 鹿児島
東北、福井でオタマジャクシの死骸、発見相次ぐ
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

検察官役の弁護士追加 JR西3社長起訴議決で4人目(産経新聞)
西部ガス関連ビルに発砲か=玄関に弾痕、けが人なし−福岡(時事通信)
今後チャレンジしたい運動は「ウォーキング」(産経新聞)
<国東半島>「峰入り行」始まる 天台宗の僧侶ら(毎日新聞)
<春の嵐>首都圏の交通乱れる 朝のラッシュ帯直撃(毎日新聞)

<高校無償化>文科省が「特設ホットライン」(毎日新聞)

 高校無償化法の施行に伴い文部科学省は1日、市民や学校などからの問い合わせに対応する特設ホットライン(03・6734・3176)を高校修学支援室に設置した。開設は平日の午前9時〜午後6時。都道府県の事務手続きなどもできる限り把握して対応する。文科省のホームページにも専用ページを設けた。

シー・シェパード元船長起訴 海保「経験ない神経戦」(産経新聞)
門真の2歳児虐待 母も認識?少年問いつめる(産経新聞)
車炎上、子供4人死亡=実家前に停車中−北海道(時事通信)
概要公表「公益性かんがみた」=銃撃事件時効で警察庁長官(時事通信)
焼きそば名人…お味は!? 官邸で「リアル鳩カフェ」(産経新聞)

立川支部検事を懲戒処分=事件被害女性と交遊−東京地検(時事通信)

 東京地検は31日、同地検立川支部の男性検事(35)が、事件の被害者女性と不適切な交遊関係を持ったとして、減給100分の10(3カ月)の懲戒処分としたと発表した。検事は同日付で辞職した。
 地検によると、検事は職務上の必要がないのに、公判を担当する刑事事件の被害者女性と飲食するなどの交遊関係を持った。
 東京地検の話 誠に遺憾で、国民に深くおわびする。事件関係者との交遊は厳に慎むよう指導を徹底し、再発防止に取り組む。 

中井氏、自民政権なら辞任=渡辺喜氏(時事通信)
<浜岡原発>5号機の大きな揺れの原因は「増幅効果」(毎日新聞)
<殺人未遂>母親刺した疑い、15歳長男逮捕 京都(毎日新聞)
「雇用支援機構」入札白紙へ、すべて傘下落札で(読売新聞)
<出入国管理基本計画>「外国人活用」議論の必要性盛り込む(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。